改革1-3 同調バイアス

 この同調バイアスは、防災心理学などでも使われます。

多数派同調バイアスとも言われますが、自分以外に大勢の人がいた場合、とりあえず周りの人に合わせようとする心理状態の事です。

 

会議などで同調バイアスが働けば、間違っていることも間違っていると言えない心理状態になったりします。

ではどうすれば回避できるかですが、すべてのバイアスに関して言えることは、まず認識させることです。

 

バイアスとは何か。

今現在の心理状態をセルフマネジメントさせることでニュートラルな状態に持っていくよう促さなければなりません。

 

いくらニュートラルな状態に持って行くように促してもダメな場合は、経営者自身がバイアスを掛けてしまっている場合がほとんどです。経営者は注意しなければなりません。

 

強固なバイアスが掛かっている状態からニュートラルな状態へ持っていくことは、いくら社内的なプロジェクトを立ててやろうとしても、そのほとんどは実践不可能です。

大企業病が自社の努力だけで解決できないのは、それだけ強固なバイアスが掛かっているからとも言えます。

 

そんな時に重要なのは、外部の力でバイアスを解除しニュートラルな状態に持っていくことです。

コンサルタントには色々な種類がありますが、状況に応じて使い分けることで自社にかかった呪縛を解き放つことができるでしょう。