儒教国家 コンプライアンスとモラル

日本は言わずと知れた儒教国家です。

孔子曰く

 

禮に非ざれば視ること勿かれ、

禮に非ざれば聽くこと勿かれ、

禮に非ざれば言うこと勿かれ、

禮に非ざれば動くこと勿かれ。

 

礼に始まり、礼に終わる。

別に武道の世界に限った事ではありません。

 

皆さんは、自分のお子さんに、悪いことをしたときは素直に謝りなさいと教えますね。

とりあえず、謝らずに法律的に悪いとなったときだけ謝りなさいとは教えません。

 

儒教では、五常五倫を教えます。

五常『仁、義、礼、智、信』という徳性を拡充することにより

五倫『父子、君臣、夫婦、長幼、朋友』関係を維持する。

 

近年、個人情報保護法がうるさく言われますが、私は企業の社会的責任(CSR)とは、コンプライアンスとモラルだと考えています。

 

企業コンプライアンスって何?

個人情報保護法って何?と、とんちんかんなことを言う大手企業の方もたくさんいます。

この点では、中小企業の方が努力していると言えるでしょう。

 

最近の事ですが、思い切り後ろから切られて、崖から突き落とされました。

本人はそう思っていないようで謝りにも来ませんが、日本はあくまでも儒教国家であり、悪いことをした人は謝罪するのが筋だと思うのですが、どうやら最近は『法律的に悪い時だけ謝りなさい』と教えている親御さんが多いようです。

 

それにしても暑い日が続きます。

熱中症だけは気をつけましょう。。。