やってみせ…  山本五十六

 

 

 

『やってみせ、言って聞かせて、させてみて、

        褒めてやらねば、人は動かじ。』

 

『話し合い、耳を傾け、承認し、

        任せてやらねば、人は育たず。』

 

『やっている、姿を感謝で見守って、

        信頼せねば、人は実らず。』

 最近読んだ本の中に、この言葉が出てきました。

私の経歴をご存知の方は、軍事関係の本か何かと勘違いされるかもしれませんが、れっきとしたコミュニケーションの本です。

 

山本五十六 ご存知の方は多いと思いますが、連合艦隊司令長官です。

人格的にも優れた人だったらしく、搭乗していた一式陸上攻撃機がブーゲンビル島上空で米軍機に撃墜されたときは、多くの人がその死を嘆いたそうです。

 

ここで山本長官の事を今更のように述べるつもりもありませんが、この『やってみせ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば、人は動かじ』という名言には、多くの意味が含まれていると思います。

 

上司-部下、先輩-後輩、色々な関係がありますが、上に立つ人間が持っていなければならない心構えは、ここにあるのではないでしょうか。

 

また、人を育てて行くためにどうしなければならないのか?この3つの名言にすべて含まれていると思います。