カン違い

池波正太郎さんと言う作家は有名な方ですが、私の好きな作家の一人です。

どの作品だったか忘れましたが、その一節に

 

「世の中は、皆の勘違いで成り立っているんだよ」

 

という一節がありました。

画像は有名な チェッカーシャドウ錯視画像 です。

AとBは同じ濃度なのに、違った濃度に見えます。

 

何故こういう錯視が起こるのでしょう?

調べても原因はわからないようです。

 

人の世の常で、我々の日常生活にも多くの思い込みや、勘違いが潜んでいます。

 

夫のカン違い

妻のカン違い

経営者のカン違い

社員のカン違い

企業のカン違い

政府のカン違い

 

色々なカン違いで世の中が成り立っているということでしょうか。

 

そのカン違いが良い方向へ向かえばいいのですが、

自分のカン違いってなかなか自分自身では分からない場合が多いです。