クロスSWOT分析

分析手法であるSWOT分析は非常に優れた分析手法だと思います。

特に新規事業など、仕事を進めて行く上で常に初期のSWOT分析に戻って、現時点でも再度SWOT分析を行うことによって、見えてくるものがたくさんあります。

 

さらに、クロスSWOT分析に変えることで、状況判断と戦略策定が同時に出来るようになります。

これもやはり慣れなのでしょうが、非常に有効な手法だと思います。

 

SWOT分析に3Cや5Cを組み込むことで、さらに分かりやすくなると思いますが、あまり複雑にしすぎると混乱しやすいので、できるだけシンプルに考えた方が良いでしょう。

 

営業が常に現場で気をつけなければならないのは、顧客が何を考えているかをどれだけ正確に読み取れるかでしょう。ヒヤリングでどれだけ深く聴きとっていけるかが重要ですし、相手の目や表情、手の動き、言葉のテンポなど、神経を使って何を言いたいのかを考えて行かなければなりません。

 

その際に重要になるのは、やはりその顧客に掛かっているバイアスがどういった内容のもので、どうすればそのバイアスの解除が出来るかを、見つけることのできる洞察力と言えるのではないでしょうか?