OJT

On the Job Training と Off the Job Training は人材育成に関して基本中の基本です。

このサイクルが、うまく回っている企業ほど、人材が育つ環境が整っていると言えます。

マネージャーの素質として重要なのは、この両方を上手く使って部下を育てて行く能力、と言うことになりますが、良くあるパターンはOJTのみでOFF-JTがまったくなされていないパターンです。

 

離職率はどの企業にとっても重要な問題になりますが、OFF-JTがゼロでOJTのみ、さらにフォローもないとなると、離職率は相当高くなる傾向にあります。

 

ついてこれる人材だけ残ればよい、などと言う暴論を吐く人もいますが、こういったことを言っている人は上に立つ資格自体を疑問視されても仕方ないでしょう。

 

企業サイドとしては、OFF-JTをセミナーに頼るのも一つのやり方でしょうが、OFF-JTとOJTをうまく組み合わせて人材を育てて行くことのできるマネージャーを育てることが重要でしょう。

 

マネージャーが、人を育てられないのは、育てるための手段、方法を持っていないからです。

自分が育ってきた環境が感覚的なものになっている場合、論理立てて人を育てるという方法自体を確立できていない場合がほとんどです。

 

きちんとした理論の元、きちんとした方法で人材を育てていかなければなりません。

それには、各企業のカラーを考慮した、人材育成方法を論理的に確立しなければいつまでたっても、同じ負のスパイラルの中で、同じ問題、課題に頭を悩ませなければなりません。

 

優秀な人材無くして、外部環境がスピーディーに変化していく現在の経済環境の中で企業が生き残っていくことはできないでしょう。