クリエイティブシンキング

クリエイティブシンキング・ロジカルシンキングと聞くと、クリエイティブシンキングの場合、センスが重要で普通の人には難しいという印象があります。

創造的な思考力と言うのは、ゼロから1を創り出すような思考形態と考えられがちですが、

本来クリエイティブな発想と言うのは、論理的な思考から生まれると考えています。

ビジネスの世界は、仮説と検証の世界です。

仮説を立てるためには幅広い知識がなければならないわけで、まったくの無から生まれるわけではありません。

ロジカルシンキングの末に、そこから何を生むのか、がクリエイティブシンキングなわけで、

クリエイティビティとは、さまざまな情報収集とその情報の処理仮説能力ではないでしょうか?

アートの世界におけるクリエイティビティと、ビジネスの世界におけるクリエイティビティを同じと考える場合、

アートも緻密な計算の上に成り立っていると考えることはできないでしょうか?

それでもセンスがどうのとなってしまいがちかもしれませんが、論理的に思考することで

クリエイティブな発想が生まれると考えれば、あとはより多くの情報を集めそれを自分の中で再構築し、

どうビジネスに生かすのか、が重要ではないでしょうか。